WEBマガジンスピンオフ企画『草原とストーブ×サブカルチャー』

Creative Lounge SHARE, GARAGE, サブカル, スタッフブログ, 漫画, 音楽

WEBマガジンスピンオフ企画 第2回『クリエイター×サブカルチャー』

SHAREのスタッフがみなさまにお届けする『SHARE STAFFブログ』第13回目の更新は、WEBマガジンのスピンオフ企画として、取材したクリエイターさんが好きな『好きな映画・音楽・漫画教えてください。』という質問に焦点を当てた内容をご紹介するのが『クリエイター×サブカルチャー』です。第2回目のゲストは、草原とストーブの安田暖々子さん。今回は安田さんが製作中にかけている音楽や好きな漫画についてお話ししていただきました!

サブカルチャー
絵画・彫刻・工芸などの伝統的な芸術、クラシック音楽、純文学、古典演劇などのハイカルチャーに収まらない、比較的新しい文化全般を指す。代表的なものとして、マンガ・アニメ・特撮・映画・ゲームなどがあげられる。

この企画は『映画、音楽、漫画』食わず嫌いなしSHAREスタッフ土山が、取材したクリエイターの人たちの作業中にかけている好きな曲や作品に影響した好きな映画などをみなさまにご紹介していく内容になっております。『休日を漫画や映画を観て過ごしたい』そんな日の参考にしていただければ幸いです。

安田さんが好きな音楽

彫金アクセサリー作家 草原とストーブ
安田 暖々子さん
2008年 筑波大学芸術専門学群 卒業
2010年 彫金教室にて彫金を学びはじめる
2015年 草原とストーブ設立
ホームページ
Facebook
Instagram
WEBマガジンはこちらから

ロックが好き

ー製作中に音楽をかけながら作業することはありますか?

「基本的に音楽をかけながら作業することが多いですね。ラジオをBGMとして流したり、お気に入りのプレイリストを再生したりしてます。1日何時間も机に向かって作業しているので、気分を楽しくするために邦楽、洋楽問わず『ノれる曲』を好んでかけてますね。今一番聴いてるのは『(※1)レキシ』です!ライブにも行くのでヘビロテしてます。あの100%ふざけてる歌詩がすごく好きで(笑)。でも曲はめっちゃノリが良くてかっこいい。そのギャップがいいんです!」

そのほかにも『(※2)サカナクション』や『(※3)コールドプレイ』『(※4)レッチリ』『(※5)オアシス』などのロックバンドも好んで聴いているそうです。お話しさせていただいているとロック系の曲よりはカントリー系の音楽が好きそうなイメージだったので、そのギャップも安田さんの魅力のひとつかもしれません。

「中学生の頃に『(※6)B’z』を聴いて雷に打たれました。そこからロック好きになって色々聴いていたんですけど、『(※7)エアロスミス』を聴いて洋楽の世界に入って行きましたね。」

作業部屋はノリの良いロックミュージックが流れていますが、新しい作品を作るときと製作にがっつり集中したいときは全く音楽をかけないそうです。

※1・・・池田貴史によるソロユニットかつユニットにおける池田自身の名称。彼が、造形が深い日本史をコンセプトに立ち上げ、日本の歴史を主題とした楽曲を扱う『歴史縛りファンクネスバンド』。楽曲『きらきら武士』『SIKIBU』『KMTR645』など
※2・・・2005年に結成されたロックバンド。ボーカル・ギター担当の山口一郎は小樽出身。その他のメンバーも小樽・札幌出身者(1人除く)。楽曲『新宝島』『夜の踊り子』『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』など
※3・・・『Coldplay』ー1997年にイギリスで結成されたバンド。デビューアルバム『Parachutes』、シングル『Yellow』の大ヒットにより現在まで6000万枚以上のアルバムを売り上げ、2000年代における最も成功したバンドのひとつ。
※4・・・Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)の略。ファンクロックを代表するバンド。楽曲『Get It Away』『Under the Bridge』『Around the World』など
※5・・・『Oasis』ー1991年に結成され、2009年に解散したロックバンド。60年代・70年代のUKロックに影響を受けている。楽曲『Don’t look back in anger』『Definitely Maybe』『Rock ’N’ Roll Star』など
※6・・・日本を代表するロックユニット。2007年にはアジア圏のミュージシャンとしては初めて『The Hollywood’s Rock Walk』に殿堂入りした。楽曲『Ultra Soul』『ZERO』『イチブトゼンブ』など
※7・・・『Aerosmith』ー1973年にアメリカ東海岸出身のハードロックバンドとしてデビュー。ロック界に大きな影響を与えたバンドのひとつ。楽曲『I Don’t Want to Miss a Thing』『Walk This Way』『Dream On』など

『冒険友情活劇』『ダークファンタジー』でもニヤッとできるシーンが大事

ー好きな漫画はありますか?

「ずっと読み続けているのは『(※8)ONEPIECE』です。1冊読むのに3時間ぐらいかかるんです。絵がとても好きなのでコマの隅から隅までじっくり読むので(笑)。他には『(※9)宇宙兄弟』と『(※10)聖☆おにいさん』が好きです。漫画を読む上で大事なことは『ニヤッ』とできることです。シリアスだったり、冒険友情活劇であってもこの感覚が自分と合うかは結構大事ですね。」

※8・・・『週刊少年ジャンプ』で1997年から連載されている日本を代表する少年漫画。海賊王を夢見る少年『モンキー・D・ルフィ』を主人公とする、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を巡る冒険友情活劇。
※9・・・『モーニング』で2008年から連載中の漫画作品。小さい頃から宇宙に憧れ宇宙飛行士を目指す2人の兄弟を中心に繰り広げられる物語で、『JAXA(宇宙航空研究開発機構)や『NASA』の協力のもと『宇宙飛行士』という特殊な職業の全貌を明らかにしています。アニメ化、実写映画化もされた人気作品。
※10・・・『モーニング・ツー』で連載中の漫画作品。ブッダとイエスが下界のバカンスを満喫しようと、東京都立川の安アパートの一室で『聖(せい)』という苗字で暮らすという設定の日常を舞台にしたコメディ作品。アニメ化、実写映画化された人気作品。

ー少女漫画は読みますか?

「田村由美先生の『(※11)セブンシーズ』『(※12)バサラ』が凄く好きです。少女漫画なんですけど、内容が結構ダークで、考えさせられるシーンが多いんです。すごくおすすめです。」

※11・・・『月刊フラワーズ』で2001年から連載された漫画作品。隕石の衝突が不可避となった世界で人類滅亡を防ぐために考えられた作戦『7SEEDS計画』によって、未来に放り出された若者たちが人類滅亡後の地球で戸惑いながら必死に生き抜いていくSFサバイバル。
※12・・・『別冊少女コミック』で1990年から連載された漫画作品。文明崩壊後の日本を舞台に、悪政に虐げられる人々を救うために戦う少女の愛と運命を切り開く戦記物語。

最近人気漫画の実写映画化がブームになっていますが、安田さんは大好きな漫画の映像作品はみないようにしているそうです。漫画を読むときに頭の中で流れるセリフや映像が自分の中で出来上がっているので、その世界観と映像作品のギャップにがっかりしてしまうんだとか。スタッフ土山もすごく共感できる話題でした。

 

穏やかな話し方で優しい雰囲気を持つ安田さんは、ロックミュージック、青年漫画好きのクリエイターさんでした。
今回紹介していただいたアーティストは、作業中に気分を盛り上げるときにはうってつけのラインアップですね。
また、安田さんはTSUTAYAの漫画レンタルをよく利用されるそうです。好きな漫画が多いと本棚がたくさん必要になってきますよね。
草原とストーブ 安田さんのWEBマガジンも公開しています!
ぜひ合わせてご覧ください!
WEBマガジンはこちらから

次回はどんなクリエイターさんのお話が聞けるのか。皆さんお楽しみに!

記事担当:土山

今すぐSHARE TOWORKの無料体験を予約しよう!
スタッフが施設内をご案内後、1時間無料体験ができます。

どんな施設でも初めての時は使い方をしっかり知りたいもの。TOWORKでは無料説明会を実施しております。納得してからご契約いただけます。

1万円キャッシュバック実施中

関連記事一覧