WEBマガジンスピンオフ企画『SEERAさん×サブカルチャー』

Creative Lounge SHARE, GARAGE, サブカル, スタッフブログ, 映画, 漫画, 音楽

WEBマガジンスピンオフ企画 第3回 『クリエイター×サブカルチャー』

SHAREのスタッフがみなさまにお届けする『SHARE STAFFブログ』第17回目の更新は、WEBマガジンのスピンオフ企画として、取材したクリエイターさんが好きな『好きな映画・音楽・漫画教えてください。』という質問に焦点を当てた内容をご紹介するのが『クリエイター×サブカルチャー』です。第3回目のゲストは、アクセサリーデザイナーのSEERA(シーラ)さん。今回はSEERA(シーラ)さんが製作中にかけている音楽や好きな漫画についてお話ししていただきました!

サブカルチャー
絵画・彫刻・工芸などの伝統的な芸術、クラシック音楽、純文学、古典演劇などのハイカルチャーに収まらない、比較的新しい文化全般を指す。代表的なものとして、マンガ・アニメ・特撮・映画・ゲームなどがあげられる。

この企画は『映画、音楽、漫画』食わず嫌いなしSHAREスタッフ土山が、取材したクリエイターの人たちの作業中にかけている好きな曲や作品に影響した好きな映画などをみなさまにご紹介していく内容になっております。『休日を漫画や映画を観て過ごしたい』そんな日の参考にしていただければ幸いです。

SEERA(シーラ)さんが好きなアニメ・音楽

アクセサリーデザイナー SEERA(シーラ)さん
札幌デザイナー学院 ファッションアクセサリー専攻 卒業
2015年 革アクセサリーブランド SEERA(シーラ)をスタート
インスタグラム
WEBマガジンはこちらから

デザイン制作のヒントはアニメ作品の世界観

ーSEERA(シーラ)さんはアニメや漫画はみますか?
「すごく好きです!最初にはまったアニメは『(※1)とらドラ!』という学園ラブコメなんですけど、主人公の『(※2)高須竜児(たかすりゅうじ)』とずっと結婚したいなって思ってました(笑)。そのあと友人に『(※3)攻殻機動隊』を紹介してもらって、作品の世界観からものすごく影響を受けました。自分のデザイン制作に影響するくらいはまった作品ですね。特に『(※4)笑い男編』が好きなんですけど、内容を理解するのが難しくて。。。今まで5周くらい観たけど、何回観てもかっこいい。。。!」

スタッフ土山も攻殻機動隊が大好きな作品なので、SEERA(シーラ)さんとすごく話が盛り上がってしまいました!(その時の内容は長くなってしまいますので割愛させていただきます)

「あと、これから紹介する作品をまだ観ていないという、ものづくりをしている人やデザイナーさんにオススメしたいアニメがあるんです。『(※5)モノノ怪』という作品なんですけど、とにかく映像表現がすごいんです!ストーリーは妖怪とかホラー系で暗いイメージなんですけど、印象的なのが『お香』が登場した時にフルカラーの映像が流れるんです。その映像が美しすぎて!デザインに携わる方でまだ観ていない人にぜひこの感動を味わっていただきたいです。」

※1・・・竹宮ゆゆこ氏によるライトノベル作品を原作とするテレビアニメ作品。恋愛や家族関係など、それぞれ悩みを抱える高校生たちの学園生活を描くラブコメ。タイトルは本作の登場人物、逢坂大河のあだ名『手乗りタイガー』(とら)と、高須竜児の『竜』(ドラゴン)に由来する。
※2・・・父親譲りのためか生まれつき目つきが鋭いせいで、クラスメイトや初対面の人には不良だと勘違いされている不憫な高校2年生。もともとは真面目で優しい性格に加えて母子家庭で育ったため、かなり几帳面で炊事・洗濯などの家事全般が得意という『どこにお嫁に出しても恥ずかしくない男子』。
※3・・・士郎正宗氏による漫画作品。押井守氏、神山健治氏らによるアニメ作品も様々な派生作品がある。21世紀、第3次核大戦、第4次非核大戦を経て科学技術が飛躍的に高度化した日本が舞台。劇中に出てくるマイクロマシン技術を使用して脳や神経をインターネットに直接接続する電脳技術や、義手・義足にロボット技術を付加したサイボーグ技術を用いて活動する草薙素子を主人公に物語が展開していく。
※4・・・神山健治監督による『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』。このストーリーに大きく関わってくる『笑い男』というハッカーが出てくるこの作品の別称。
※5・・・謎の薬売りを主人公とし、江戸時代の日本をモチーフにした世界を舞台に繰り広げられるホラーアニメ作品。

聴いた瞬間に好きになった

ー好きなアーティストさんはいますか?

「昔からずっと大好きで聴いているのは『(※6)THE BACK HORN』です。『(※7)アカルイミライ』っていう映画の主題歌『(※8)未来』を聴いた瞬間に『好きだ』って思いましたね。けっこう泥臭い曲が多いっていうのとヴォーカルが超イケメンっていう組み合わせがもうたまらなく好きです(笑)。制作中はいつもかけてます。」

最近は『(※9)電気グルーヴ』もよく聴いているというSEERA(シーラ)さん。音楽は好きで他にもいろんなアーティストも聴いているそうです。RISING SUN ROCK FESにも参戦したいということでアウトドアな印象もありそのギャップが魅力のひとつのようです。

※6・・・日本のオルタナティブ・ロックバンド。代表曲『ハナレバナレ』『美しい名前』『刃』『罠』『コバルトブルー』など。
※7・・・黒沢清監督、オダギリジョー主演の映画。
※8・・・映画『アカルイミライ』の主題歌として、2003年1月22日に発売された5枚目のシングル。
※9・・・1989年に結成されたテクノ・エレクトロを中心とした独特の音楽性と破天荒なパフォーマンスが特徴的な日本のバンド。メンバーは石野卓球氏とウルトラの瀧氏。

『攻殻機動隊』や『(※10)新世紀エヴァンゲリオン』などのSF作品から学園ラブコメまで幅広いジャンルのアニメ作品を見ているSEERA(シーラ)さんからお気に入りのアニメを聞かれたスタッフ土山は『(※11)トップをねらえ!』をオススメしました。SEERA(シーラ)さんはお酒も大好きということで、アニメや音楽の話を肴にお話ししたいなと思いました。

(Youtube)スタッフ土山オススメアニメ『トップをねらえ!』

※10・・・庵野秀明監督、GAINAX原作によるSFアニメ作品。大災害『セカンドインパクト』が起きた世界を舞台に、巨大汎用人型決戦兵器『エヴァンゲリオン』のパイロットとなった14歳の少年少女たちと、第3新東京市に来襲する『使徒』と呼ばれる巨大生物との戦いを描く。
※11・・・岡田斗司夫原作、庵野秀明監督によるGAINAXで製作されたSFロボットアニメ。『炎の熱血友情ハードSF宇宙科学勇気根性努力セクシー無敵ロボットスペクタクル大河ロマン!!!!!』をキャッチフレーズにした90分全6話で構成されたOVA作品。

SEERA(シーラ)さんのWEBマガジンはSHAREGARAGEのホームページで公開しています!
こちらも合わせてぜひご覧ください
WEBマガジンはこちらから

次回はどんなクリエイターさんのお話が聞けるのか。皆さんお楽しみに!

記事担当:土山

今すぐSHARE TOWORKの無料体験を予約しよう!
スタッフが施設内をご案内後、1時間無料体験ができます。

どんな施設でも初めての時は使い方をしっかり知りたいもの。TOWORKでは無料説明会を実施しております。納得してからご契約いただけます。

1万円キャッシュバック実施中

関連記事一覧