WEBマガジンスピンオフ企画『jobin.さん×サブカルチャー』

Creative Lounge SHARE, GARAGE, サブカル, スタッフブログ, ラジオ, 休日, 映画, 漫画, 落語, 音楽

WEBマガジンスピンオフ企画 第4回 『クリエイター×サブカルチャー』

SHAREのスタッフがものづくりが好きな方やSHAREの日常をみなさまにお届けする『SHARE STAFFブログ』。今回はSHAREGARAGEがお届けするWEBマガジンのスピンオフ企画!取材したクリエイターさんの好きな『好きな映画・音楽・漫画教えてください。』という質問に焦点を当てた内容をご紹介するのが『クリエイター×サブカルチャー』です。第4回目のゲストは、造形作家さんのjobin.(ジョビン)さん。今回はjobin.(ジョビン)さんが製作中にかけているラジオの話や音楽、映画、アニメなど幅広くご紹介していきたいと思います!

サブカルチャー
絵画・彫刻・工芸などの伝統的な芸術、クラシック音楽、純文学、古典演劇などのハイカルチャーに収まらない、比較的新しい文化全般を指す。代表的なものとして、マンガ・アニメ・特撮・映画・ゲームなどがあげられる。

この企画は『映画、音楽、漫画』食わず嫌いなしSHAREスタッフ土山が、取材したクリエイターの人たちの作業中にかけている好きな曲や作品に影響した好きな映画などをみなさまにご紹介していく内容になっております。『休日を漫画や映画を観て過ごしたい』そんな日の参考にしていただければ幸いです。

jobin.(ジョビン)さんが好きな映画・音楽・漫画

造形作家 jobin.(ジョビン)さん
北海道工業大学建築工学科
卒業後 設計事務所を経て創作活動をはじめ、現在は13年目。
ホームページ
Twitter
Facebook

作業中に流し聴きしているのは『ラジオ』

ー音楽をかけながら作業したりしますか?

「音楽をかけて作業することは滅多にないですね。ライブ会場の装飾を担当した時は、その時出演されるアーティストさんの曲を聴きながら作業したこともありますけど、いつも『ラジオ』を聴いてますね。ラジオって流し聴きするのにちょうどいいんです。」

ー僕もよくラジオを聴きながら作業してます!誰のラジオ番組を聴くんですか?

「一緒ですね(笑)僕は『(※1)アルコ&ピース』さんが大好きで、彼らがやっている(※2)TBSラジオ『D.C.GARAGE』を毎週聴いてます。平子さんの声がすごくいいんですよね。他にも(※3)ナイナイの岡村さん、(※4)オードリー、たまに(※5)有吉さんのラジオも聴きます。」

芸人さんのラジオを毎週聴いているというjobin.(ジョビン)さん。スタッフ土山も毎週欠かさず聴いている(※6)『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』も知っているという意外な共通点もあり嬉しくなってしまいました。

※1・・・太田プロに所属する日本のお笑いコンビ。演技力の高い漫才・コントに定評がある。
※2・・・アルコ&ピースが毎週火曜日の深夜0時から1時にTBSラジオで放送している番組。
※3・・・よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑いコンビ、ナインティナインのボケ担当。ニッポン放送で放送しているラジオ番組『オールナイトニッポン』の金曜深夜1時から3時のパーソナリティを担当している。
※4・・・ケイダッシュステージに所属する日本のお笑いコンビ。ニッポン放送で放送しているラジオ番組『オールナイトニッポン』の土曜深夜1時から3時のパーソナリティを担当している。
※5・・・有吉弘行。太田プロに所属する日本のお笑い芸人。
※6・・・JFN系列で放送されている有吉弘行がパーソナリティを務めるラジオ番組。毎週日曜夜8時から10時に放送されている。通称『サンドリ』。ラジオのリスナーを『ゲスナー』と呼称する低俗な番組。

神田松之丞さんがきっかけで講談師の世界へ

ー他によく聴くラジオ番組はありますか?

「講談師の『(※7)神田松之丞さん』です。結構毒舌の内容なんですけど、お話がとにかく面白くて(笑)。この方がきっかけで先日東京まで寄席を聴きにいったんです。それまで『(※8)落語』へのイメージが『堅苦しい』とか『ハードルが高い』っていうイメージだったんですけど、いざ体験してみると自分の知らなかったジャンルの面白さがあって、その世界にハマってしまいました。寄席の中には落語もあるし、漫談、曲芸などもあっていろんな芸人さんのネタが見れるし、寄席に出ている講談師の方同士のアドリブの掛け合いとかもすごく面白いんです。」

jobin.(ジョビン)さんのお話を聞いて『ラジオも落語も話を聴いて想像できるところに面白さがあり、話手のうまさも醍醐味のひとつ』というのがわかり、自分の中にあった落語への『敷居の高い』イメージが変りました。

※7・・・日本の講談師。独演会では定員数百人の会場を満員にするなど、新進気鋭の講談師として現在最も注目を集める。プロレス好きで、趣味は落語を聴くこと。
※8・・・江戸時代に確立し現在まで継承されている伝統的な話芸のひとつ。最後に『落ち(サゲ)』をつけ『噺(はなし)』を終わらせることを特徴とする。

未体験の作品や作風に刺激をもらう

ーjobin.(ジョビン)さんはアニメや漫画をよくみますか?

「どちらもすごく好きなんですけど、僕は漫画を読むのがすごく遅いんです(笑)。なので『漫画で入ってアニメを観る』っていうパターンが多いですね。最近観ているのは『(※9)ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』です。他にも色々定期的に観てますね。僕がアニメを観る理由は、もちろん好きっていうのもあるんですけど、自分の作風とは違うものを自分の中に取り込むためです。絵柄やストーリーなど好みはあるんですけど、なるべくそこに囚われず『アトランダム』に取り入れるようにしています。そうやって今まで見てきた作品たちが僕の中でミックスされて、自分の作品として出現していると思ってます。」

※9・・・荒木飛呂彦の漫画原作『ジョジョの奇妙な冒険』第5部のアニメ作品。

ー最後に、記事を見てくれている人にオススメしたい作品はありますか?

「音楽だと『(※10)ジャック・ジョンソン』、映画だと『(※11)湯を沸かすほどの熱い愛』ですね。」

jobin.(ジョビン)さんはジャック・ジョンソンのアルバム『(※12)In Between Dreams』をよく聴くそうです。
皆さんもぜひ聴いてみてはいかがでしょうか?

※10・・・アコースティック・ギターを中心としたオーガニックでゆったりとしたサウンドが特徴的なシンガーソングライター。サーフ・シーンの第一人者としても認知されている。
※11・・・監督 中野量太、主演 宮沢りえによる日本の映画作品。あらすじ『銭湯「幸さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。』
※12・・・2005年に発表したアルバムで、英語圏全体で大ヒットし世界的評価も高い作品のひとつ。

jobin.(ジョビン)さんのWEBマガジンはSHAREGARAGEのホームページで公開しています!
こちらも合わせてぜひご覧ください
WEBマガジンはこちらから

次回はどんなクリエイターさんのお話が聞けるのか。皆さんお楽しみに!

記事担当:土山

今すぐSHARE TOWORKの無料体験を予約しよう!
スタッフが施設内をご案内後、1時間無料体験ができます。

どんな施設でも初めての時は使い方をしっかり知りたいもの。TOWORKでは無料説明会を実施しております。納得してからご契約いただけます。

1万円キャッシュバック実施中

関連記事一覧